不足を避けるだけで良し?

たんぱく質は美肌のもとになる栄養素です。
お肌はタンパク質でできています。

 

 

表皮はケラチン、真皮はコラーゲンやエラスチンと言う蛋白質が主成分になっています。

 

 

 

 

ダイエットなどを行い肉や魚を取らない生活が続いてしまうと、
タンパク質が息して肌の老化を促進してしまいます。

 

 

 

 

多くの女性に食生活についてどうしているかを訪ねてみると、
お肉を控えているということがとても多いようです。

 

 

 

ですが全ての肉が悪いというわけではないとです。
確かにバラ肉や霜降り肉などは脂が多く体に良くないことも多いのですが、
赤身の肉や皮を除いた鶏肉等は脂っこいものではありません。

 

 

 

低脂肪の肉や魚は、良質なタンパク質が豊富になりますので、
GI値の低い太りにくい食品となります。

 

 

 

肉か魚、どちらか毎日きちんと摂取するようにしましょう。
不足すると美肌を目指す事は難しくなってきます。

 

 

 

たんぱく質にはいろいろな種類がありますので、
バランスを考えて多くの食品から摂取することが必要です。

 

 

しかしながら、タンパク質がコラーゲンの元になるからといって、
これをたくさん食べていれば肌トラブルが消えると言うわけではありません。

 

 

 

重要なのは不足しないように摂取するということです。
美肌を目指すのであれば、タンパク質を足させないように、
多くの種類からバランスよく摂取することを心がけていきましょう。

 

 

 

>>肌にやさしいファンデーションランキング|安心コスパBEST3!