原因を知ること

ニキビや吹き出物といった肌トラブルの改善の基本は、原因を知ることです。
まずは原因をしっかりとつき止めることができなければ効果的なお手入れはできないと考えましょう。

 

 

市販されている評判の良いニキビケア商品であっても、医者で処方される薬であっても、
今できてしまっているニキビの根本的な原因を知ることができなければ効果的に改善していくことがとても難しくなってきます。

 

 

やはりニキビや吹き出物も、体の内側から来る内因性のものと、
外側からの刺激やお手入れの間違い等に原因がある外因性のタイプがあります。

 

 

まず内因性のものとして考えられるのがストレスや内臓系の問題です。
また自律神経の乱れや運動不足、睡眠不足もニキビや吹き出物の根本的な原因となります。
顔のどの部分にできてしまっているかを確認することで原因を推測することも可能です。

 

 

外因性のものとしては、洗顔のしすぎや、角質肥厚などが考えられます。
皮脂の分泌が激しいからといって必要以上に顔を洗いすぎてしまうと、肌のバリア機能がなくなってしまいます。
そのため吹き出物ができやすくなります。

 

 

また肌の表面に古い角質が溜まってしまっていると、皮膚の浄化作用が十分に引き出すなくなります。

 

 

日常的に表皮の水分と油分のバランスを整えることが大切です。
また、生理前になってしまうとあごのあたりに吹きき物が出てしまう方、脂っこいもの食べてしまうとぶつぶつができてしまうという方、これらのどのような状態、バランスで発生してしまうのかをきちんと把握しておきましょう。
そうすることで効果的なお手入れと予防が可能になります。

 

 

>>>肌に優しいファンデーションランキング