厚塗りしてしまうとニキビが悪化してしまうので


ニキビが出来ているときにでもファンデーションを塗らなくてはならないシチュエーションは多いですよね。

 

 

外出する時にはニキビを隠したいですし、紫外線の影響も気になります。

 

 

又、ポイントメイクをするのにも全くファンデーションを塗っていないと浮いてしまうので、ファンデーションを塗る必要が出てきます。

 

 

ニキビ肌に優しいファンデーションの選び方として、
私の場合は皮膚科医が開発に関わっている、ニキビ肌用のタイプや敏感肌用のパウダータイプを使っています。

 

 

皮膚科医が開発しているものはドクターズコスメやメディカルコスメと呼ばれており、最近人気があります。

 

 

普通のファンデーションとの違いは、ニキビをケアしながらニキビの赤みをカバーして、早く治るようにケアしながら赤みが目だ無くなる点にあります。

 

 

クリームタイプのファンデーションは油分が多くニキビの原因になってしまいますし、二層式のリキッドタイプも肌に伸ばすときに負担がかかります。

 

 

パウダータイプならふんわりと肌に乗せることが出来てニキビをカバーすることが出来ますし、それほど肌への密着度が高くないためクレンジングも簡単です。

 

 

クレンジングに時間がかかるリキッドやクリームタイプはニキビを悪化させてしまうことがありますが、パウダータイプなら毛穴をふさがずにニキビが悪化することがありません。

 

 

実際私もニキビが気になるときにはドクターズコスメブランドのニキビケア用ファンデーションを使っています。

 

 

ニキビケア用のファンデーションを使う時に、同じラインのコンシーラーを叩き込むようにしてつけておくとニキビが目立たなくなります。

 

 

ニキビケア用のメイクシリーズは毛穴に余分な油分が詰まらないような処方になっているので、コンシーラーを付けるとニキビが目立たなくなりますしニキビケアにもなります。

 

 

ニキビ肌にファンデーションを塗るときにはファンデーションですべてニキビを隠そうとせずに、薄付きタイプを塗るのがニキビを悪化させないコツです。

 

 

 

私の場合も厚塗りしてしまうとニキビが悪化してしまうので、薄付きでカバー力があるニキビ肌用ファンデーションを使っています。

 

 

添加物が入っているとニキビに良くないので、無添加タイプを使っています。

 

 

無添加タイプとは香料や保存料などが配合されていないタイプで、肌に余分な負担をかけない分今まで使っていたファンデーションよりもニキビに優しいです。

 

 

ニキビ肌をケアしながら適度にカバーできるタイプがおすすめです。

 

ニキビや吹き出物に良い食べ物


ニキビや吹き出物に良い食べ物があります。

 

 

ストレスから出てくるニキビや吹き出物の場合、額の上部に出るニキビや吹き出物になります。

 

 

ストレスにより、消化機能が十分に働いていないことが原因の1つと考えられます。

 

 

気分転換になる趣味おもったり、できるだけストレスを溜め込まないような工夫が必要になってきます。

 

 

効果的な食べ物としては、牛乳やヨーグルト、小魚などのカルシウムが豊富な食べ物が良いでしょう。

 

 

内臓のトラブルから来るニキビや吹き出物の場合、胃腸が弱っている時などは、口の周りにできやすくなります。

 

頬の中央にできてしまうのは、肝機能のよわりによるものと言われています。

 

 

このような場合には、できるだけ消化の良いものを取りようにしましょう。
効果的な食べ物は、豆腐やヨーグルトです。飲酒や喫煙はなるべく控えるようにしましょう

 

 

コレステロールが溜まってしまってニキビや吹き出物ができることもあります。

 

 

体を使わずに神経を使っている仕事をする人などでは過剰なコレステロールによるニキビができ安かったりします。

 

 

できやすい場所としては顎の下あたりで、あとが残りやすいために、早い段階でのスキンケアが必要になってきます。

 

 

キノコ類や海藻類はコレステロールの排出に最適になっています。

 

 

自律神経の乱れからできるニキビや吹き出物もあります。

 

 

自律神経のバランスが乱れてしまうと、顎の中心や両サイドにできてしまうものができやすい状態になります。

 

 

この状態の時もストレスを改善するためのリラックスの時間や、おいしいもの食べに出かけたりすることが大切です。

 

 

ビタミンB 6の入ったマグロなどは精神を鎮めるのに良い食材です。