厚塗りしてしまうとニキビが悪化してしまうので


ニキビが出来ているときにでもファンデーションを塗らなくてはならないシチュエーションがあります。

 

 

外出する時にはニキビを隠したいですし、紫外線の影響も気になります。

 

 

又、ポイントメイクをするのにも全くファンデーションを塗っていないと浮いてしまうので、ファンデーションを塗る必要が出てきます。

 

 

ニキビ肌に優しいファンデーションの選び方として、私の場合は皮膚科医が開発に関わっている、ニキビ肌用のタイプや敏感肌用のパウダータイプを使っています。

 

 

皮膚科医が開発しているものはドクターズコスメやメディカルコスメと呼ばれており、最近人気があります。

 

 

普通のファンデーションとの違いは、ニキビをケアしながらニキビの赤みをカバーして、早く治るようにケアしながら赤みが目だ無くなる点にあります。

 

 

クリームタイプのファンデーションは油分が多くニキビの原因になってしまいますし、二層式のリキッドタイプも肌に伸ばすときに負担がかかります。

 

 

パウダータイプならふんわりと肌に乗せることが出来てニキビをカバーすることが出来ますし、それほど肌への密着度が高くないためクレンジングも簡単です。

 

 

クレンジングに時間がかかるリキッドやクリームタイプはニキビを悪化させてしまうことがありますが、パウダータイプなら毛穴をふさがずにニキビが悪化することがありません。

 

 

実際私もニキビが気になるときにはドクターズコスメブランドのニキビケア用ファンデーションを使っています。

 

 

ニキビケア用のファンデーションを使う時に、同じラインのコンシーラーを叩き込むようにしてつけておくとニキビが目立たなくなります。

 

 

ニキビケア用のメイクシリーズは毛穴に余分な油分が詰まらないような処方になっているので、コンシーラーを付けるとニキビが目立たなくなりますしニキビケアにもなります。

 

 

ニキビ肌にファンデーションを塗るときにはファンデーションですべてニキビを隠そうとせずに、薄付きタイプを塗るのがニキビを悪化させないコツです。

 

 

 

私の場合も厚塗りしてしまうとニキビが悪化してしまうので、薄付きでカバー力があるニキビ肌用ファンデーションを使っています。

 

 

添加物が入っているとニキビに良くないので、無添加タイプを使っています。

 

 

無添加タイプとは香料や保存料などが配合されていないタイプで、肌に余分な負担をかけない分今まで使っていたファンデーションよりもニキビに優しいです。

 

 

ニキビ肌をケアしながら適度にカバーできるタイプがおすすめです。