原因と種類

シミには様々な原因と種類が考えられます。
ストレスで肝機能が弱まってしまったり、ホルモン分泌が少なくなってしまうと、
頬骨あたりから頬の中心にかけて、額の辺りにシミができやすくなります。

 

 

このような時はまず休息が大切になります。
そして、こう抗ストレス作用のあるビタミンCを含むキウイやトマトなど積極的に食べるようにしましょう。

 

 

ホルモンバランスの乱れから発生してしまうシミもあります。
女性ホルモンの働きを取れてくると、眉の上あたりにシミが出やすくなると言われています。

 

 

目の周りの黒ずみは子宮の弱まりにあることも考えられます。
食材では、ホルモンバランスを整えるものを中心にイソフラボンを含むお豆腐や納豆などが良いでしょう。

 

 

 

内臓のトラブルから現れるシミもあります。
肝機能が弱ってしまうと眉間のあたりに、またこの外側は、腎機能が弱っている時にシミが出やすい場所となります。

 

 

肝機能を強化するのであれば、タウリンを含んだ食べ物が大切です。
また鼻筋のシミができてしまった場合は便秘などが原因の場合が考えられます。

 

 

自律神経の乱れから現れるシミもあります。
口の周りのシミは、自律神経の乱れによるところが多いとされています。

 

 

ビタミンB 12を含むアサリやシジミ、さんま、下記などは乱れたバイオリズムを回復させるためにとても大切な食材となります。

 

 

>>>肌に優しいファンデーションランキング