酸化チタンコーティング

活性酸素が発生してしまうと一時期問題になった酸化チタン。

 

これをコーティングしつつ、肌に悪影響を与えるものを抑えようとしたのが
酸化チタンコーティングですね。

 

 

今だに多くのミネラルファンデーションに酸化チタンコーティングがされていないのが現実です。

 

 

特にアメリカのミネラルファンデーションにおいては、コーティングされていない事が基本となっています。

 

少しでも肌に負担になるものは排除したい、とお考えの場合は
外国産は控えた方が良いかもしれませんね。

 

 

レイチェルワインにおいては、コーティングされたものとされていないものを混ぜているそうです。

 

これは皮脂との密着性を高める為、
その為に肌へのダメージを犠牲にするわけにもいかないので、徹底的に負担にならないバランスを研究したそうです。

 

酸化チタンによる活性酸素の発生は極々微量です。

 

 

レイチェルワインの酸化チタンコーティングをどう捉えるかは、ご自身の感覚にお任せいたしますが、
ある程度の崩れにくさや、ファンデーションとしての機能を考えるとレイチェルワインのバランスになるのかとも思います。

 

 

>>>レイチェルワインの体験談