すごく老けて見えて、大ショックでした。

【主婦・まーやさんの体験談】

 

ファンデーションの失敗と言えば、肌より白いファンデーションを選んでしまい、首から上が白く浮いてしまったことです。

 

 

30代半ばになり、日焼けは大敵なので、春先から日焼け止めや帽子をかぶるなど、日焼け対策には、気を使っています。

 

 

夏場はファンデーションを夏用の物にしているのですが、
日焼けは余りしないと思っていたので、ファンデーションの色は冬場と変わらずにしていました。

 

 

しかし、真夏になるにつれファンデーションが浮いて見えるようになりました。
自分自身がお化粧をする際には、それほど気にならないのですが、外出の際にふと鏡に映る姿を見た際や、写真に写った姿を見ると、首から上が白く浮いてみえました。

 

 

それがすごく老けて見えて、大ショックでした。

 

 

すぐに、ファンデーションを買え変えに行きました。

 

 

スタッフの方に、ファンデーションの白浮きについて相談すると、どんなに日焼けに対して気にしていても、子供などがいると、公園遊びや散歩で、外に出る機会が多くなり、どうしても知らず知らずに日焼けしてしまうそうです。

 

 

また、洗濯を干す際にも日焼けしてしまうことがあるので、
夏場はファンデーションの色を1トーン下げると白浮き解消になるようです。

 

 

>>>肌に優しいファンデーション実力ランキング

 

関連ページ

ファンデーションの質で失敗
ファンデーションの質を気にしない若かりし頃の失敗談です。
ファンデーションのカラーテイストで失敗
ファンデーションのカラーテイストについての失敗談です。
ドラッグストアで適当にファンデーションを選んで失敗しました
ファンデーションの失敗談です。